自宅で手軽に骨盤矯正

骨盤矯正は実は簡単!

以前から話題の骨盤矯正!皆様はもう体感されましたか?

そもそも骨盤矯正なんて何回も通わなくちゃいけないのでは?と思うと思う方が多くいると思いますが、コツをつかめば自宅のセルフケアで骨盤矯正が出来てしまうのです。

骨盤が開く原因

骨盤矯正という言葉が近年流行り始めてい理由は、現代人の筋力の低下にあると一理言われています。

筋肉はヒトの骨を支える為に日々頑張ってくれています。ですが、筋力が低下すると自ずと骨を支える力が弱くなることになり、全体的にぼわんとしてしまうというわけです。(少しオーバーな表現ですが…)

骨盤が開くという事は、骨盤を締めていなくてはならない腹筋が弱くなり骨盤の支えが緩い状態になりだんだんと開いてしまうという原理です。

骨盤をキープする筋肉

筋肉には大まかに種類が2種類あり、肌表面に見える大きい筋肉と、縁の下の力持ちとして働くインナーマッスルがあります。

普段の生活で「あ!今私腹筋使ってる!」と思う場面の筋肉は主に大きな外側の筋肉です。強いて言えば満員電車でしょうか?

その反対で、意識しないと鍛えられない筋肉インナーマッスルを刺激することできれいな骨盤をキープすることが出来ます。

骨盤を締めよう

寝る前に簡単に出来る腹筋をお教えします。

  1. 仰向けに寝転がりお腹をペタンと凹まします
  2. 凹ました状態のままお腹に力を入れます
  3. この時にお腹がフラット(まっ平ら)な状態になるように気をつけます
    ※お腹の真ん中が盛り上がってはNG!真ん中は大きな筋肉です
  4. このお腹をキープしたままおへそを見るようにほんの少し状態を起こします
    ※この時点でかなり辛いはずです
  5. 起こして戻してを3回繰り返します
  6. 次は脚を閉じてお腹はフラットのままで地面から2センチ程脚を浮かせます
    ※もちろんお腹はフラットなままです!相当辛いはずです
  7. 浮かせて戻してを3回繰り返します

いかがでしょう?正しいやり方が出来た方は相当つらいはずです。

ここでのポイントは、「お腹は常にフラット(まっ平ら)な状態であること!」です。

早速今日から行ってみてください!