寝るときの姿勢も大切

産後に丈夫な身体に戻すためにも大事

産後に骨盤の矯正をされる方は最近ではとても多いと思いますが、私が子供を産んだ当時はまだそれほどメジャーなものではありませんでした。

でも、知り合いから骨盤の重要性を聴いていて、よくある産後ベルトは購入していたのですが、うまく着用できなかったので結局使えませんでした。

それに産後はとても体が疲れていて、赤ちゃんのお世話もやっとの状態です。

睡眠もまとまって取れないし、細切れの時間で家事をこなさなければならないし、ふらふらで体調もなかなか整わなかったです。

たちあがっても、しゃんとしている気が全くせず、体力がもどっていないのか、骨盤がぐらぐらになっているからなのか、良く分からない状態でした。

赤ちゃんも育ってくればだんだん重たくなってくるので、早いうちにしっかり重たい赤ちゃんを抱っこできるぐらいの体力を戻さなければならないと焦った気持ちでした。

体のゆがみを無くすために枕の高さを気にしよう

産後の子育てをしている時に、なんとなく体が疲れやすくなっていることを友達に相談してみたところ、骨盤矯正をすることを勧められました。

産後に緩んでしまった骨盤を正しい位置へもどしておくことは大切だよと言われたのです。

やはり経験者の言葉は響きました。

すぐに矯正をしてくださる方を探して連絡を取りました。

調べてみると、私の地域では出張していろいろと教えてくれる整体師さんがいて、そちらの方にお願いしたのです。

その方はまだ若い女性で、産後の骨盤矯正と正しい姿勢をキープする方法を教えてくださる方で、家まで来てくれるのが魅力でした。

その方は、枕の高さをとてもきにしていらっしゃって、結局枕を変える事にしました。

寝ている間の姿勢保持が結構大切なんだということでした。

高いものを売りつけられることもなく安心して施実を受ける事が出来ました。

直接人から教わることができたので、わからないことはすぐ聞けたり、本当に正しい姿勢はどんな感じなのか実感することができました。

体が疲れにくくなった

5〜6回家に来ていただいたかと思います。

毎回、最初にストレッチをしてから骨盤の矯正に入ります。

その際、どちらの足の方が長めになっているのかを教えてもらいました。

それは骨盤が歪んでいて立ち方が悪いから、片方の足に重心をかける変な癖がついているのではないかというのがその人の見立てだったと記憶しています。

それから寝る際の枕の高さの調節と、どういう風にリラックスした姿勢を取るかを教えてもらいました。

寝ている間の姿勢は、長時間になるのでその人の体のゆがみの原因にもなりえると言われました。

施実を受けてから、睡眠もぐっすり取れるようになりました。

それに、体のぐらつき感が徐々になくなってきたように感じました。動けるようになると徐々に体力も戻ってきてすっかり元気になりました。

訪問タイプの産後の骨盤矯正は、赤ちゃんから目が離せない状況の方にはぴったりなので、受けてみて良かったなと思っています。